<< フォトフェイシャルのしみへの効果 多汗症手術の費用と健康保険について >>

フォトフェイシャルとは

この季節しみの対策が気になるところですが、効果的なのがフォトフェイシャルです。光の照射で行う美容治療のことを、フォトフェイシャルと呼んでいます。



フォトフェイシャルが開発されたのは1998年で、アメリカで多くの人が利用しました。

ダウンタイムを手術後に必要とせず、ガーゼで施術部位を覆うなどの必要がないだけでなくメイクもできたので、非常に画期的な美容治療だったといえます。

切る美容施術から切らない美容施術へのさきがけといってもいい方法です。

しみやそばかす、にきび跡など、様々な症状にまとめて対応できることがフォトフェイシャルの利点です。

肌の赤みの原因となる毛細血管やしみやそばかすの原因になるメラニンに光をあて、熱エネルギーに変換させることで効果をしみやそばかすの原因となる部分に発揮してくれるものです。

解消したいしみやそばかすだけに効果を与え、素肌を傷つけることなく、熱は原因となる部分にだけ生じるといいます。

コラーゲンの再生も肌細胞を活性化させることによって活発にしてくれるので、一気に複数の肌トラブルを解消するだけではありません。

コラーゲンによって代謝が促進し、保湿力も強化されて美肌効果が期待できます。

肌の繊維芽細胞も効果で同時に活発になり、皮膚を新しく再生させる作用が高まるといいます。

フォトフェイシャルの一度の施術は20分程度で、痛みなどもないこともしみ対策には嬉しいところです。
[PR]
by th87183 | 2012-01-14 10:49 | 美容
<< フォトフェイシャルのしみへの効果 多汗症手術の費用と健康保険について >>