<< にきび跡クレーターとは 化粧落としの洗顔料の選び方について >>

化粧落としの洗顔方法

洗顔は、クレンジングや洗顔料選びさえ良ければいいというものではありません。化粧落としは手順も大事です。化粧落としの洗顔方法の基本は、洗顔料をしっかりと泡立てることです。



泡立ちを良くすることで化粧落としの時の汚れの吸着率もグンと上がります。うまく泡が作れないという時は、洗顔用ネットを活用して泡を作るとうまくいきます。専用ネットなら、洗顔料を手で泡立てるより短時間でキメの細かい泡を作ることが可能です。

わずかな洗顔料でもネットを使うと大きな泡になるので、結果的に洗顔料が長持ちします。泡立てネットには色々な形式のものがありますが、パラシュート型のものはジェルタイプでも固形タイプでも使いやすく、大きな泡が作れます。

洗顔料を手に取る前に、しっかりとお湯で手を洗い、手に付着している皮脂を落としておきましょう。一層泡立ちが良くなるのでおすすめです。

額から鼻先までは皮脂の分泌が特に多いTゾーンです。泡を作ったら、まずこのTゾーンにつけます。皮脂分泌量が少ない頬の部分には、あまり優先して泡をつけすぎないようにしてください。泡立てたばかりの吸着力に優れた洗顔料を最初に頬に付けてしまうと、皮脂が落ちすぎて乾燥の原因となってしまうことも考えられます。

ゴシゴシと擦らずに、円を描くように優しく洗うのも、上手な化粧落としのポイントです。化粧落としの正しい洗顔方法を理解して、化粧を落としたときの素肌にも自信を持てるようになりたいものですね。
[PR]
by th87183 | 2011-09-17 10:21 | 美容
<< にきび跡クレーターとは 化粧落としの洗顔料の選び方について >>